有機野菜・無農薬野菜

食べ物にこだわるということ

食べる物にこだわる人が増えてきています。 こだわり方は人それぞれで「素材」にうるさい人、「調理方法」にうるさい人と様々です。 これらの人は一般的にグルメと呼ばれる人達ですが、今日、もっと違ったことにこだわる人が増えています。

 

それは「安全」です。

 

現代の食料は、残念ながら、先進化と共に昔ながらのスローフードでは採算が会わないために、科学的な栽培方法によって大量生産されてきました。 その影響はハッキリと証明できないために、今現在でもその手法が使われています。 その方法は明確にダメということではなく、キチンと管理されて実施されれば、採算も合い、且つ、人に優しい食料が作り出せると思います。

無農薬野菜と有機野菜の違い

安全な農作物と言えば、無農薬野菜が最初に上げられるでしょう。 しかし、農薬を使わないことで害虫が防げず、売り物とするためには多大な苦労が必要で、どうしても家計に余裕のある人しか買えないということもあります。

 

無農薬野菜と有機野菜を同じものとして語られることがしばしばありますが、厳密に言えば異なっています。 有機栽培は化学合成肥料と節減対象農薬の使用を5割以下のものでも記載することができます。 しかし、無農薬は完全無農薬(作物内への残留も含め)でなければなりません。 採算ベースに乗り、さらに安全性を高めるには低農薬という選択肢が一番リーズナブルかも知れません。

有機JASマーク

有機野菜としては、農林水産庁が「有機農作物」として下記のように定義し、合格したものには「有機JASマーク」が付与されます。

 

  1. 種播き又は植え付け前2年以上、禁止されている農薬や化学肥料を使用しない田畑で生産
  2. 遺伝子組換え由来の種苗を使用しない
  3. 原則として農薬・化学肥料を使用しないで栽培を行う等、地域環境への負担をできる限り軽減した栽培で生産した食品

マークが付いていないと有機やオーガニックじゃない?

気が付いた人もいるかも知れませんが、やはり親方日の丸、お役所のやる仕事は世の中の動きについていけていません。 食品を適正に判断するために「有機JASマーク」を導入しているはずなのですが、水耕栽培やロックウール栽培のものは、実質的に有機栽培ではあっても「有機」や「オーガニック」とは表示できません。 これこそ間違ったメッセージを消費者に与えていると思うのは私だけでしょうか。

安全はお金でも買える

食品の安全は規則に任せるしかないという考え方もあります。 しかし、現実的には普通の家庭の主婦が、いちいち法律がどうなっているかを確認しながら対応するのはあまりいい方法とは言えません。 そうであれば、いっそのこと管理をしっかりしている専門の業者に任せてしまうという方法もあるかもしれません。 有機宅配では放射線検査も自前でやっているところがほとんどですので、安全な食材を提供してくれるということにかけては安心感があると思います。